フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)がともに自己ベストを大幅に更新する212.99点、合計322.59点をマーク。262.77点で2位に入ったナム・グエン(カナダ)におよそ60点の大差をつけ、大会初優勝を飾った。羽生結弦が羽生結弦を超えた。冒頭の4回転ループこそ、出来栄え点は減点となったが、以降のジャンプは美しく着氷。後半の4回転トウループ―オイラー―3回転フリップの3連続ジャンプも含め、4本の4回転ジャンプを決めた。昨季から一層の凄みが増し、ほぼパーフェクトで決めた圧巻の演技。海外メディアも手放しで称えている。
羽生 スケートカナダ
引用元:https://the-ans.jp/news/91010/



https://www.youtube.com/watch?v=2PqweASB480


【海外】「彼女のファンになってしまったよ」紀平梨花が今季初戦のオータム・クラシックで2位メドベージェワに圧勝


【海外の反応】



■とってもキュートだね



■ユヅ、私達は皆あなたを愛しているわ!フィリンピンより



■偉大な結弦❤



■ユズルのファンはもはや日本だけではない。彼のファンは世界中にいる



■↑そうだね!フィンランド人だけど、ユズルを見る為に深夜に起きたよ



■どこの大会であっても、スケートリンクを羽生劇場に変えてしまう男



■彼の英語はとても上達しているみたいだね



■↑7年以上カナダで生活しているし、むしろ英語をマスターする気がないように見えるけどね



■彼の英語はなんてキュートなの。喋る度に声が高くなってるみたいだ。日本語の時はもっと低いのだけど


■カナダでのシルバーメダルの呪縛からやっと解放されたね。おめでとう、羽生結弦!




■スケートの世界ではもう若くはないのに、こんなにも高いレベルで張り合えるなんて尋常じゃないよ。特にオリンピックで勝ったスケーターはその後、競技に駆り立てられない傾向にあるから


■彼のスケートを見ている間ずっと口が開きっぱなしだったよ



■美しい。氷上のアートを体現させたね。ネイサン・チェンのスケートアメリカでの得点を上回るべきだよ



■↑結弦の得点が上じゃなかったか?



■氷上のキング!



■ゆったり動いている様に見えるけど、彼はどうやって、あのとんでもないスピードを生み出しているのだ?


■なんてレジェンドなんだ



■私が見る限り彼を超えるスケーターはいない



■氷上のユヅルは魔法にかけられているね



■平昌五輪の後も競技を続けてくれてとても幸せだよ。これが彼のラストシーズンになるかもしれないと思っていたけど、ユヅが北京五輪の参加に意欲を出したみたいでとても嬉しい。彼は生きる伝説なのだから


 


コメント引用元1 コメント引用元2