戦後政治の総決算を掲げ、日米関係の強化や行政改革で実績を残した中曽根康弘(なかそね・やすひろ)元首相が29日午前、死去した。101歳だった。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男弘文(ひろふみ)氏。後日お別れの会を開く予定
中曽根氏は1918年5月、群馬県高崎市生まれ。41年、東京帝国大学法学部卒業後、旧内務省に入り、海軍士官を経て47年4月、衆院旧群馬3区で初当選。以来、比例北関東ブロックも含め連続20回当選した。国民民主党、改進党、日本民主党などを経て、55年の保守合同による自民党結党に参加。59年、岸内閣の科学技術庁長官として初入閣し、その後、運輸相、防衛庁長官、通産相、自民党幹事長、行政管理庁長官などを歴任し、82年11月、第11代自民党総裁となり、第71代首相に指名された。(以下略)
中曽根首相
引用元:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112900564&g=pol


【海外】「馬鹿げた要求だ!」トランプ米政権が日本に対し米軍駐留経費を80憶ドル要求。米国人からも日本に同情する声が続出


【海外の反応】




■ご冥福をお祈りします



■彼は俺が初めて日本に行った時の首相だったんだ、安らかにお眠り下さい



■101歳?大往生だったね



■昭和の化石を排除するのに時間を掛け過ぎ。まだ何人か残っているから取り除く必要があるぞ



■日本の三大首相「吉田茂」「中曽根康弘」「安倍晋三」



■↑小泉は?



■↑彼も良かったけど、貧富の差を拡大させてしまったからね



■心よりお悔やみ申し上げます、中曽根さん



■悲しいニュースだよ。好きか嫌いかは別として、国際的な舞台で目立った初めての日本の首相の一人として尊敬していたのに



■↑日本の首相としては珍しく注目されていたね。まあ彼と比べられない位に安部は知的だけど・・




■彼は影響力のある右翼の「反逆者」として知られた政治家であり、彼の遺産は安倍晋三の元で日本のナショナリズムのブランドに生き続けている。正直あまり彼のことが好きでないよ。


■どうせ第二次大戦中の慰安婦の強制連行は彼の発案なんだろ



■「プラザ合意」に感謝している!日本人は彼のことをは覚えておくべきだよ!



■彼が日本の金融と国粋主義バブルの生みの親だよね



■こっちのテレビに出演した時に、アメリカ人に向けて新年のあいさつをしていた事を覚えているよ。彼のことが好きだったよ、ありがとう、安らかに眠ってください


■日本人は彼のことが恋しくなるだろうな・・頑張って!



■確かに長生きしたけど、頑固な愚か者だったよ。彼が憲法を変えようとしたのと同じくらい安部が無様な姿を晒すことを期待しようじゃないか



■偉大な帝国兵士!



■90年代にアメリカ軍で勤務していたけど、日本滞在中に彼に会えてとても光栄だったよ



■真のリーダーだったのに、彼を失うなんてとても悲しい・・・


【海外】「ロシアは日本を弱体化したいだけだ!」在日米軍を懸念するロシアに海外から総ツッコミ






引用元:facebook,japantoday