人気ブランドのコムデギャルソン(Comme des Garçons)がメンズのパリコレクションのファッションショーで使用した「ウィッグ」に批判が殺到している。
  1969年に川久保玲が設立した日本発ブランドのコムデギャルソン(Comme des Garçons)は、先日行なわれたパリ・ファッションウィークのランウェイでモデルたちにコーンロウのウィッグを着用させた。髪の毛を編み込みさせるヘアスタイルであるコーンロウは、古くからアフリカ系の人々の伝統的なスタイルとして親しまれてきたものであり、黒人以外の人種がこのヘアスタイルを取り入れることについては、「文化の盗用(Cultural Appropriation)」にあたるか否かで激しい議論が交わされている。
   そんななかで、同ブランドが、メンズのパリコレのランウェイで白人モデルたちにもコーンロウのウィッグを着用させたことで批判が殺到。ランウェイに参加した一部の黒人モデルはこのウィッグを着用しなかったという。(以下略)
コムでギャルソン
引用元:https://front-row.jp/_ct/17333602



【海外】「韓国がまた文句を言っているぞ!」口ひげを理由にハリス駐韓米国大使に噛みつく韓国人に海外からも驚きの声



【海外の反応】




■やれやれ・・・



■可笑しな話だよ



■ただのファッションショーなんだけどな



■馬鹿げているよ。誰も映画『テン』を観た事はないのか?



■いつから黒人だけのものになったんだ?こんなの抑圧的だし、どうして80年代のボー・デレクに誰も文句を言わなかったんだ?


■なぜ最近のモデルってやつれて浮かない表情をしているのだろうか?



■コーンロウの白人を見た事あるし、別にいいだろ。ただのヘアスタイルなんだから



■誰にだってコーンロウにする権利があるし、くだらない批判はやめろ



■髪型なんて別に何でもいいだろ。それよりもあの酷い衣装の心配するべきだよ



■あれがファッションなのか?2歳児が自分で着る服を選んだみたいだね






■モデルがゾンビにしか見えないんだけど



■ただのヘアースタイルに過ぎないし、黒人だけのものでもない。世の中にはコーンロウよりもっと重要な問題がたくさんあるだろ



■服が全体的に酷すぎないか



■黒人モデルがブロンドやストレートのウィッグを着けたらどうなるの?



■↑それはノーカウントだよ。黒人様は特別なんだよ



■乗り越えなよ。嫌なら見なければいいじゃないか



■映画『アバター』かと思ってしまったよ



■いまさら感が半端ないんだけど。白人のコーンロウも今までにたくさんいたでしょ



■自分の肌の色に合ったヘアースタイルにしか出来ないってことなのか?馬鹿げているよ



■ただのヘアースタイルだし、誰のものでもない



【海外】「日本の伝統は魅力に満ち溢れているな」日本の伝統競技「通し矢」に海外も感動!






引用元:facebook