日本外国特派員協会の月刊誌に東京五輪の大会エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザインが掲載され、大会組織委員会が20日までに、取り消しを申し入れたことを明らかにした。

問題となったのは、新型コロナを特集した同協会の月刊誌「NUMBER 1 SHIMBUN」の4月号の表紙。野老朝雄さんが手掛けた大会エンブレムにウイルスの形を織り交ぜて、その下に新型コロナウイルスを意味する「COVID-19」と記している。

組織委は「多大な被害が出ている中で、多くの人々、特に大会を目指す世界中のアスリートへの配慮を欠く」と指摘。著作権侵害にも当たるとし、「社会的な影響が大きい」として同協会に取り消しを申し入れた。
https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO5932122020052020CE0001-PN1-4
引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59321240Q0A520C2CE0000/




【海外の反応】



■これは酷い・・・



■少しサディスティックだけど、ユーモアの欠片もないね



■逆にクリエイティブじゃね?



↑いや、ただの落書きにすぎない




↑自分でアイデアを思いつかないからって、他人のアイデアを使うのは良くない



↑単なる風刺だろ



■このデザインは、どのようにウイルスが2020年に入り込み東京とオリンピックから主人公の座を奪ったのかを象徴しているだけだよね。そんなに怒る事でもないでしょ



■人が死んでいるのに何故これで笑えるのか理解できない



↑風刺が理解出来ない人に説明するのは難しいな。ただ単にこれはオリンピックとそれを望んだ人に対して反対しているんだよ



↑風刺のセンスは理解できるけど、誰もが笑いたい訳じゃない





■これは日本やアスリートに対して配慮を欠く行為だ



■東京オリンピックがコロナウイルスの唯一の「犠牲者」じゃないよ。亡くなった人や苦しんでいる人がまだ沢山いるのにその人達をからかうのはやめて



■安倍政権とオリンピック主催者はこれに値するよ。オリンピックなんてそもそも間違っていたんだ、お金は東北の再建に使われるべきだったのに



■アートに腹を立ててる人がなんとまあ多いことか・・



■面白味の無いデザインだ



■少しの風刺だけでカッコいいのか・・・



■編集者やジャーナリスト達は皆これが出版される前に盗作だって指摘出来なかったのかよ



↑パロディは文明化された先進国では盗作には当たらないなんだよ



■日本外国特派員協会なんてほぼ価値も無いジョークだよ。今はこれにスポットライトを当てようとしているけど、カルロス・ゴーンの様にシステムに反する事なら直ぐに取り上げるんだ



■実際に誰が被害を受けたのか考えているんだけど、オリンピックは神聖ではないんだよ。不当な訴訟の脅威が日本に於ける表現の自由を制約してしまうんじゃないかな










引用元
https://www.facebook.com/thejapantimes/posts/10157159752753344
https://japantoday.com/category/2020-tokyo-olympics/drawing-that-parodies-tokyo-olympic-logo-pulled-from-website