アヤネ(*'ω'*)海外の反応まとめ

    気になる反応を随時お届けします(^^♪

      このエントリーをはてなブックマークに追加




    https://www.youtube.com/watch?v=6aQbeALkQlU




    【海外】「韓国は終わったな・・」激増する韓国での新型コロナ感染者に海外も不安の声


    【海外の反応】




    ■マンマミーア!!


    ■パニックになるのは遥かに危険だ!


    ■カタストロフィ・・・



    ■準備しておくに越したことはないね



    ■パスタが品切れだなんて・・悲劇だ!




    ■WHOは未だにパンデミックであると認めないのか



    ■こんなのベネズエラと変わらないじゃないか・・・



    ■↑一緒にするな。あそこは完全な無秩序状態で価値があるものは全て剥奪されるから



    ■ロシア産の食料品でその棚を一杯にできるでしょ



    ■おまえらの町がこうなるのも時間の問題だ






    ■怯えるイタリア人wwww


    ■イタリア人ってこんな時でもピザとパスタの心配ばかりなのな


    ■世界はイタリアを援助してやれよ



    ■こんなの都市部だけだろ。うちの田舎では問題なく食べ物にも困っていないから




    ■恐怖とパニック・・民衆に対して使うには最高の武器だ



    ■ウォーキング・デッドの世界そのものだね。これが全ての始まりなんだよ



    ■感染者はフランスに行くべきだ。あそこには最高の医療システムがあるのだから



    ■マスクしてるのがほんの一握りだけだから、こんなにも急速に感染が拡大してしまうのだよ



    ■イタリア人はIQが低いからな
    【海外】「アジアは天才の宝庫じゃないか・・」世界各国の平均IQレベルを海外はどう見たのか


    ■ピザを買い溜めしておくか・・



    ■俺らはみんな死んじまうのさ



    【海外】「日本人に同意するよ!」コロナウイルスに対する日本人の考えに海外も興味津々






      このエントリーをはてなブックマークに追加


    米国務省は22日、新型コロナウイルスの感染が広がる日本について、 「継続的な市中感染が報告されている」として渡航警戒レベルを1段階引き上げ、 4段階で下から2番目の「さらなる注意」とした。 感染者が急増する韓国も同じレベルに引き上げた。
     国務省は日本の状況について、感染者の多くは中国本土への渡航者またはその濃厚接触者とする一方、感染経路が不明なケースも継続して確認されているとした。

    その上で、日本への渡航前に医師に相談すること、日本では体調の悪い人との接触を避けることなどの注意を促した。(以下略)
    reuter_20200223_125741-thumb-720xauto-185512
    引用元:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/02/post-92476.php




    https://www.youtube.com/watch?v=Vt06IsxZPqw

    【海外】「韓国は終わったな・・」激増する韓国での新型コロナ感染者に海外も不安の声



    【海外の反応】



    ■いつになったら渡航禁止にするの?



    ■無症状の感染者があの地域には沢山いる訳だし、封じ込めるには遅すぎる



    ■これを抑え込む唯一の方法は、フライト全便を2ヶ月間停止して全ての人を2ヶ月間隔離するしかない



    ■↑政府は経済しか考えていないから。お金が全てなんだ



    ■中国は警戒レベル4「渡航禁止」なんだね



    ■アフリカなんてエボラの時でさえ、何も気にしちゃいなかったぞ



    ■↑何を言っているんだ???君は朝からドラッグでもやってるのか?



    ■韓国と日本にはもう行くな



    ■↑イタリアも追加しておけ



    ■ウイルスとは関係なく、俺はもう中国には行く事はないだろう。アメリカには中国人が多すぎるし、もし中国の歴史が知りたくなったら、歴史の番組で事足りるから






    ■コロナとインフルが同時に流行しているから、怖いなんてもんじゃない



    ■↑政府はコロナをインフルと勘違いしている恐れがあるよ



    ■↑詳しく教えて。2週間も酷いインフルの症状があって、もしかしたらコロナなんじゃないかって被害妄想になっていたんだ


    ■本当にWHOなんてジョークだな。このウイルスは非常に深刻だよ



    ■もう世界全体を封鎖した方が良いんじゃないかな



    ■2020年に関して皆がどれ程楽観的だったか考えるとクレイジーだな



    ■世界中で災害が発生しているのに、アメリカのメディアは下らない政治の話ばかりなんだけど・・



    ■飛行機を運行させるな!さもないとアメリカの全都市が武漢みたいになってしまうぞ



    ■日本と韓国はどうして中国から何も学ばなかったのだろうか。まだマスクもせず出歩いてる人もいるし、ボイコット集会とマラソンなんて正気なのか??



    ■↑大部分の人はマスクを着用している。だけど、マスクは入手困難になってしまっているから・・私達がこんなに深刻な状況に陥った最大の理由は、大統領が中国人の韓国への入国を禁止にしなかった点に尽きる



    【海外】「日本も武漢みたいになってしまうのか・・」ダイヤモンド・プリンセスに乗船し「感染症対策は悲惨な状態」だと批判する岩田健太郎教授に海外も衝撃






      このエントリーをはてなブックマークに追加


    韓国保健福祉省は23日、新型コロナウイルスの感染者が前日比169人増の602人、死者は6人となったと発表した。文在寅大統領は23日の対策会議で「全国民が一体となって対応すべき重大な時期だ」と危機感を強調。警戒レベルを4段階で最高の「深刻」に引き上げ、対応を強化していく方針を示した。



    800px-COVID-19_Outbreak_Cases_in_South_Korea.svg
    引用元:https://en.wikipedia.org/wiki/2020_coronavirus_outbreak_in_South_Korea,https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022300249&g=int




    【海外】「日本も武漢みたいになってしまうのか・・」ダイヤモンド・プリンセスに乗船し「感染症対策は悲惨な状態」だと批判する岩田健太郎教授に海外も衝撃


    【海外の反応】




    ■6人目の犠牲者が出たみたいだね



    ■3月中旬にソウルと済州に行くつもりだったシンガポール人だけど、旅行を続行するべきか中止又はキャンセルした方が良いのか、だれかアドバイスしてくれないかな?


    ■↑私の知る限りだと、一般の韓国人は本当にマスク着用の心配しているし、政府もこの問題に一生懸命に対処しているよ


    ■5月に韓国を訪れる予定だけど、大丈夫だろうか?



    ■↑なぜ同じ様な質問ばかりするの?「大丈夫」なんて誰が言える?君らは自分の旅行計画の正当性を確認したいだけでしょ


    ■↑今の状況だと、三か月後の状況なんて予想出来ないよ。一週間前なんて症例が29件だったのに今や602件だからね



    ■中国からの渡航者は強制的に検疫させて制限しないとどうにもならんな



    ■↑そうだね、12月にはやっておくべきだったな



    ■↑でも、ウイルスが人から人へ伝染するのが分かったのは1月末でしょ?



    ■↑いや、政府はもう少し早い時期に分かっていた





    ■韓国はもう終わりだ・・・



    ■ヤバい、どんどん近づいてきている。韓国がここまで酷くなるとは想定外だった




    ■さっき配信された緊急速報を誰か訳してくれない?



    ■↑咳や発熱があれば電話して、清潔なマスクを着用し状況をしっかりと把握しとけって内容だったよ


    ■ソウルの大きな大学病院にいるんだけど、ロビーには誰も居ないし施設の90%は閉鎖されていて、手術を待つ患者とそのお世話をする人しか居ない。本当に不安になるし、自分達がまるで映画の中にいる気分になるよ



    ■2週間以内に韓国に行って1週間滞在する予定だけど、プチョンの状況はどう?韓国に入国時とアメリカ帰国時は問題が起きないだろうか?


    ■↑その時に国境が開いているか非常に疑わしい



    ■↑2週間後にはアメリカに入国なんて出来なくなっているぞ



    ■↑2週間以内には間違いなく世界的パンデミックになってるからね



    https://imgur.com/gallery/HPH8UmG
    これが今の大邱の姿だよ。悲しい事に政府はこの危機を完全に防ぐ事が出来なかった様だね。他の国はこの教訓を学び韓国からの旅行を制限するべきだよ


    【海外】「本当なのか?」コロナウイルスの危険性について現地で働く看護師が暴露する内容に海外も絶句







    引用元:reddit

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    https://www.youtube.com/watch?v=LU85fmaK-3I



    https://www.youtube.com/watch?v=LU85fmaK-3I




    【海外】「最高だ!」札幌雪祭りの魅力に虜になってしまう外国人が続出



    【海外の反応】





    ■「なんじゃこりゃ」サムネを見た後の俺の感想



    ■なにが起こっているんだ!忍者ハットリが沢山いるじゃないかwww



    ■なんてカオスでクレイジーなんだ!



    ■日本は西洋の知識を受け入れると同時に自国の文化を守り続けている。彼らは自国の文化を誇りに思っているだろう。彼らから学ばないといけない。



    ■何千人もの日本人が祭りに参加しているな
    コロナウイルス「この時を待っていた」


    ■初めて気付いたけど、彼って意外とハンサムだよね



    ■君が彼らの文化に身をさらしているのを見れて楽しめたよ



    ■女性版が必要だ



    ■しんちゃん、ドラえもん、忍者ハットリ君、キテレツなどで俺達は日本文化について多くを学んだようだ・・


    ■日本人は非常に規律正しい人達だと思っていたんだけど・・・





    ■インド人のふんどし姿は最高だよ!



    ■こんな祭りが日本にあるなんて知らなかった



    ■胸毛のある人が一人もいないの?



    ■勝利を祝福するよ!



    ■めちゃくちゃ楽しそうだ!



    ■コロナウイルスが潜んでいるんだけど、この人達は大丈夫なのかな?



    ■君の彼女のリアクションを待っている



    ■彼らは地下鉄のラッシュアワーの為に特訓しているのだと思う



    ■日本は現代と伝統文化が共存する地であり、偽りの現代人が文化を無駄と考えるインドとは明らかに違う・・


    ■日本はオープンマインドな国だし、好きな事をして楽しんでいるね



    【海外】「日本は他宗教に寛容だから」日本のおもてなしの精神にイスラム教徒から感動の声が続出






      このエントリーをはてなブックマークに追加




    https://www.youtube.com/watch?v=SGld2qRUV60




    【海外】「独創的過ぎだろww」「マーケティングの天才だ!」自分の胸を広告枠として売り出してしまう日本人女性に海外も衝撃



    【海外の反応】




    ■セクシーな女性が沢山いるじゃないか!



    ■↑本当だね、日本に行きたいよ



    ■「外見は気にならない」
    飛行機のチケット売上が激増



    ■↑おまえら荷物をまとめろ!



    ■↑そんな奴らは既に日本にいる。キモオタが英語教師として日本で働いているから



    ■↑このビデオで女の子が言っていたことは本当だと思っているのか?荷物をまとめる前に『本音と建前』を知っておくべきだ



    ■日本で増加する外国人問題と増え続けるハーフ人口は動画主の責任だ



    ■「優しくて会話して楽しい人なら」
    おまえらキモオタ共は、チケットをキャンセルしないとなww



    ■これは罠だ!



    ■動画主が色んなタイプの可愛い子達を見つけだした事が驚きだ。名も無きユーチューブのヒーローだ



    ■↑日本ならこんなに沢山の可愛い子を見つけることなんて難しいくも無いよ



    ■↑眼鏡をかけた最初の子にうっとりしたよ





    ■女なんて信じていないよ



    ■女は”A"と言って”B"をするからな



    ■↑100%正論だ



    ■↑男は”A”と聞いても”B"を考えるでしょ



    ■素晴らしい動画だ!一部の日本人女性は欧米の男性と一緒にいる方が好きみたいだね。ローガンポールみたいな奴でなければ、欧米の男性とデートしても問題ないよ



    ■日本に居た時に日本人は皆スタイリッシュだったから、自分がゴミの様な気分になったよ・・・



    ■↑彼らはお洒落だからな。自分も油断していたよ



    ■日本語能力試験でN4の能力を持つ俺の時代が来た!



    ■西洋の男性は東洋の女性に夢中だけど、逆パターン(西洋女→東洋男)は稀




    ■動画に出て来たほぼ全ての女の子達は、外国人と聞いて恐らくモデルを想像していたのではないだろうか


    ■↑彼女達は俺ら全員が皆ブラッド・ピットか何かと勘違いしているかも知れない



    ■さて日本行の航空券でも予約するか・・



    【海外】「複雑すぎる・・」日本人の女の子が持つ多様な〇〇フレンドに海外も興味津々






    このページのトップヘ